Efforts to the community

地域への取り組み

つくば警察署から感謝状

2024年3月に「警察運営に多大な貢献を行った」ことによる感謝状をつくば警察より贈られました。

これからも、地域安全の実現に向けて尽力していきます。

第6回茨城100kウルトラマラソンin鹿行(ROKKO)

第6回茨城100kウルトラマラソン in 鹿行(ROKKO)に協賛。

今年は409名(男子359名、女子50名)の参加者が集まりました。
内、完走者は318名(男子282名、女子36名)でした。昨年と比べ、完走率はやや下がりましたが参加者は100名以上増え、
賑わいをみせておりました。

今年もイルミネーションを実施

弊社は昨年に引き続き、今年もイルミネーションを実施。
クリスマス前後と年明け前後では、飾りが異なりますのでお近くにいらした際は、是非お立ち寄りください。

※2024年1月21日まで点灯。
※上3枚がクリスマスver. 下2枚が新年ver.です。

まつりつくば2023

弊社は、まつりつくば2023に協賛しました。近年は、新型コロナウイルス感染症の影響により、まつりの中止や代替イベントでの開催がされておりましたが、今年はコロナ禍以前の規模で実施されます。

当日はねぶたパレードの他、様々なイベントブースが設けられ、大人から子供まで楽しめる内容となっているようです。


つくば市の夏の風物詩「まつりつくば」が4年ぶりに開催され、8/26・27日の2日間で約40万人が訪れました。つくば駅周辺に複数の会場が設けられ、ねぶたをはじめ、華やかなパレードやステージ、露店の出店など様々なイベントで賑わいを見せていました。

当日の様子を一部写真にてお伝えします。↓

創基151年筑波大学開学50周年記念式典にて感謝状贈呈

10月1日に開催された、「開学50周年記念イベントオープニングセレモニー」において、筑波大学永田学長より国内功労者へ感謝状を贈呈。

会社代表と塚田純夫(個人)で受賞

大洗海上花火大会への寄付

弊社は、昨年に引き続き「大洗海上花火大会」開催に伴い、大洗のさらなる発展に寄付。

当日は12,000発の花火を見に、大洗サンビーチに約30,000万人の来場者が集まりました。

IBARAKI INTERNATIONAL FISHING FESTIVAL inHitachinaka-Oarai Resort 

弊社は、2023年8月18日(金)・19日(土)・20日(日)に行われるIBARAKI INTERNATIONAL FISHING FESTIVAL in Hitachinaka-Oarai Resort に協賛しました。


18日(金)はカジキ解体ショーと検量式が開催され、19日(土)・20日(日)には外国人も参加できるカジキ釣り国際大会が開催される他、同日にはエアレースパイロット室屋義秀さんによるエアショーなどが開催されます。
また、体験ブースではカジキ釣り体験シュミレーターや堤防釣り体験、トゥクトゥク体験乗車といった様々なイベントが行われ、飲食ブースではご当地グルメが楽しめるそうですので、お時間がある方はぜひご参加ください。


当日の参加艇数等は8/18(金)37組・180人、8/19(土)39艇・204人、8/20(日)39艇・212人と、多くの参加者の皆様と共に、賑わいを見せていました。


当時の様子を一部写真にてお伝えします。↓

#つくばんぱく2023

弊社は、6月4日(日)に行われた「#つくばんぱく2023」に協賛しました。

当日は、音楽フェスや茨城県内最大規模のドローンショー、つくば市内を中心とした飲食店計15店舗程のブースが出店された他、つくば市が掲げる「スマートシティ構想」を認知してもらい、より身近に感じてもらえるように企業、研究所のブースを出展し、参加者の体験を通してつくばの魅力を感じてもらう取り組みがされていました。

弊社も、「茨城のMIRAI」をテーマに協賛企業代表3名(弊社含む)で対談をしたり、「#つくばんぱく2023」の締めくくりに行われたドローンショーでは弊社ロゴが登場したりと、当日を盛り上げてまいりました。

当時の様子を一部写真にてお伝えします。↓

「茨城のMIRAI」協賛企業3社代表対談

つくば警察署から感謝状

8月26日・27日に開催された「まつりつくば2023」に伴い、本社ビル2階を警察署員の待機場所として提供。

つくば警察署の中山署長より感謝状を頂きました。
「まつりつくば2023」は4年ぶりの開催ということもあり、累計来場者数は約48万人に上り大変賑わいをみせていました。

第5回茨城100kウルトラマラソンin鹿行(ROKKO)

第5回茨城100kウルトラマラソン in 鹿行(ROKKO)に協賛いたしました。
北浦を中心に鹿行5市を巡り、北浦湖沼群が織りなす水辺ならではの美しい景観を選手に楽しんでもらうことで、鹿行地域の魅力を広くPRし、地域の活性化を図ることを目的としている大会です。


当日は、県内外から282名もの参加者が鹿行5市を巡りながら完走をめざしました。
弊社も協賛というかたちで、本大会を盛り上げることができて嬉しく思います。

当時の様子↓  ↓  ↓

1 2